★★★★ Belgium / Brussels

【EU 05.4】2014 Apr 13 BRU B-Aparthotel Ambiorix Hotel ★★★★ ありえない

更新日:

ヨーロッパ一人旅シリーズ 目次はこちら

ずっと前からブリュッセルエアとか有り得ない。
ブリュッセルとか何も見るものない。ションベン小僧みてガッカリしてこよ~
とか言ってナメてた私。
どうやら、鰤の呪いがかかってしまったようです。

【アクセス】
バス停からホテルが遠い。
絶対タクシー乗るべき。

【入館】
できねぇ。
buri

偶然インド人も同じ時間にホテル到着。
ドアの前で唖然とする二人。
インド人が印刷してきた紙を取り出し、暗証番号を入れて入館。

【メール】
そういやこのホテルからRocke経由でメールもらってたな。

mail1

mail2

ドアホテルのドア開けるコードは####。
部屋の鍵が入ってるキーBOXのコードは####。
それでは当日お待ちしています。

こんなの初めてです。
偶然ipadのキャッシュに残ってた。奇跡だ。

とりあえずドアを開ける。

【フロント】
無人。
紙一枚。
IMG_4818
月金のAM8-PM8までコンシェルジュいます。
それ以外は電話よろしく!

【鍵】
メールに「キーBOX開けてね。あんたの鍵入れてあるから。」

IMG_4926

オープン

なんと、その日チェックインするヤツ数人分の封筒が入ってる。
これ、セキュリティ上大丈夫なんでしょうか。。

スポンサードリンク

そして、俺の鍵がない。インド人の鍵もない。
buri

おれ 「…」
tora 「…」
おれ 「どうしよっか」
tora 「電話探してみよう」
おれ 「そだね。」

ロビーで電話を探す二人。
見つからない。

tora 「…どうしよう」
おれ 「このコンシェルジュに電話するしかないでしょ」
tora 「どうやって?」
おれ 「Skypeあるでしょ?」
tora 「俺持ってない」
おれ 「しらねぇよ。Skypeじゃなくてもどっかから電話かければいいじゃん。」
tora 「…」

実はワタクシ、このあとどうしても急いで行かなければならない場所があったのです。
インドにかまってダラダラしてる暇はないのです。

目立たない場所にスーツケース大を隠して、さっさとパワー観光に向かうのです!!!!!

-★★★★, Belgium / Brussels
-,

« »

Copyright© CX902 マニラに住んでキャセイに乗る!時々映画レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.