CX / キャセイパシフィック航空 Cathay Pacific MNL NAIA3 / Manila Terminal 3

2014 Oct 17 CX902 MNL-HKG B77H→G→H F席はダイヤ様のもの

投稿日:

ずーーーーーっと前に買ったI券、使わずに残ってたので、そろそろ消費します。

【オンラインチェックイン】
元々77H予定のこの便、F6、Y0で。。。
こりゃ機材変更かなーと思ったらやっぱり77Gに変更になってた。

よくわからん人はコレ参照
77H、Fクラスつきで、Yクラスの席が少ない。
本来はF客のいるようなロング花形路線用の機材。JFKとかHNDとか。

77G、Fクラス無しで、その分Yクラスの席が多い。
本来はロングでもビジエフ客の少ない路線用機材。EWRとかJNBとか。

と思いきや当日77H復活!
ってことで期待してたらこんな。
IMG_8532IMG_8533IMG_8534
F客がいるのか、Fのビジ解放なのか。

【空港チェックイン】
ハロー!
いつものおもてなしチェックインを受ける。
今日は知ってる子いっぱい。調子イイ!

おれ 77Hでしょー!? F席座れる?
usagi 残念。今日はダイヤが5人もいて、埋まっちゃいましたー
おれ あうあう

ダイヤ様、5人も乗ってた。。。。
IMG_8535

【ラウンジ】
まだCXラウンジは未オープン、このPacific Club
IMG_8049
どーせエサは大したことないし、シャワーに挑戦。
こんな感じ。
IMG_8538
なぜか一回外が見える通路を通ってスロープを上がる。
ココにシャワーとトイレがある。シャワーだけの部屋がこんな感じ。
IMG_8539IMG_8546
うーん、、CGKより遥かにいいけど、まぁ可もなく不可もなくレベル。
タオルはすぐ劣化しそうなジャスコレベルのタオル。
Wingみたいな分厚くてふわっふわのタオルが好きです。

ラウンジから見えるのはファックの尾翼。ファック。
IMG_8547
ちょこっと摘んだけど、まぁ、美味しくない。
IMG_8549

【ボーディング】
若干Delay
と、すかさず赤黒、並んでる客のパスポートチェックして、搭乗券をスキャンしまくる。
ボーディング開始したら一気に機内に流れ込む方式。
うーん、やっぱりデキる子。

白人がやたら多くて、上級列もぞろぞろ並んでる。ダイヤ様5人。。

スポンサードリンク

【機内】
予定通り77H
IMG_8554
落ち着くミニキャビンな11A。
IMG_8551IMG_8555
と、このときくらいに離着陸中の電子機器利用OKになる。
IMG_8559
MNLのくせに結構いい夜景。BGC周辺かな。

【食事】
はじめのプレート
IMG_8561
メイン
Roasted corn-fed chicken breast with gravy, kipfler
potatoes, cherry tomato and green peas
IMG_8563
このチキンが美味くって(あと腹ペコで)
IMG_8565
完食!
超レアです。

【食い込む】
ビジ客だから迷ったんですが、
なんか面白そうな金スッチーが。

おれ あ!台湾出身じゃん!
tora そうよ〜
おれ シェイシェイ!台湾のどこー?
tora 高雄よ。
おれ !!!!!!!!!!マジで!高雄大好き!
  婆婆食ったよー
tora やだー婆婆っxxxでしょ?あれ高いでしょ?
  観光客向けだわ〜
おれ え!?マジで?ローカルは何食うの!?
tora 高雄の人はね、75HKDとか食べるのよん。安いわよ。
おれ えーーーマジで!どこどこ!?

店を教えてもらう。
IMG_8566
うおーーーー高雄行きたくなってきたーーーー!
ビジ担当の金スッチーJさん、
ありがとうございました!!

【到着】
77Hの客数なのに、すんごい数の乗継客。
IMG_8570
IMG_8571
欧米ロングばっかり。CXの欧米人MNL行き需要の囲い込みすごいね。
77H様、花形機材だけあって、いいゲートに入る。
IMG_8572
乗継案内見ると、このままCX880としてLAX行きらしい。働き者。

到着階って、4番ゲートからイミグレまでエスカレーター無いのね。。
IMG_8574

あとで確認したら、若干遅延してボーディングしたけど、
MNL地上のスーパープレイのおかげで早着。
IMG_8579
高雄スッチーといい、これはナイスフライトでした。

-CX / キャセイパシフィック航空 Cathay Pacific, MNL NAIA3 / Manila Terminal 3
-,

Copyright© CX902 マニラに住んでキャセイに乗る!時々映画レビュー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.