No Chaos Life ■映画

【カオスじゃないマニラ】映画見てきた。ネタバレ マレフィセント Maleficent ~Angelina Jolie

更新日:

マニラに住んでると、映画の公開が早いんです。
で、気になってたマレフィセント、見てきました。ネタバレレビューします。
ちなみに、マニラでは6/13時点でもうマレフィセント公開終了してます。

あと、アホなりに英語版で一生懸命見てきたので、一部勘違いとか翻訳ミスがあるかも。
そこは笑って許して。

(2014/06/13 人気がある記事なので、ちょこっと更新。)


あんんんんんんんんんんんなにいい加減に書いたX-menのレビューが、
すごいアクセス数になってる。。

「X-MEN: Days of Future Past ネタバレ」
でググると、トップ10入りしてる。

めちゃくちゃテキトーなレビューなのに。
超大作なのに、見どころはパンナム!とか言ってごめんなさい。
でも俺的にはパンナムなんだよなぁ。


で、日本未公開映画のレビューは予想外に人気(需要)があるっぽいので、
ネタバレレビューは頑張って続けていこうと思います。せっかくフィリピンいるんだしね。
「役立たず!氏ね!」って言われても頑張って書く。

今日のネタバレ映画レビューは
Maleficent ~Angelina Jolie (5/27公開済み)
日) マレフィセント 主演アンジェリーナ・ジョリー (日本は7/5公開だって)

個人的評価 ★★★★★

眠れる森の美女のストーリーを復習してから見ること!
知ってる人:そうくるか~そこそうなるか~っていう意外性が楽しめる映画。★5
知らない人:よくわからんファンタジー映画。ぇ、コイツ良い奴なの?

英語の映画レビューサイトだと、結構点数低い。原作レイプだって。
だからネタバレレビューを見ちゃうと「えー」って言えなくなる。
でも自分は好きです。

maleficent

ポスターがめちゃめちゃ怖い。アンジェさすがです。
普通の子供だとマジでビビるから、実子を出演させちゃったんだって。
どんだけ怖いんだよ。

で、レビューの前にこれ予習しとかないと楽しめない。

<本家、ディズニー・アニメ
      眠れる森の美女 ざっくりストーリー>

とあるお城に娘が生まれる。オーロラ姫。
お祝いしに、3人の妖精さんがやってくる。
1人目、2人目がお祝いの魔法をし終わったところで、出ました魔女マレフィセント!
「16歳の誕生日日没までに糸車で指を刺して死ぬ」
という呪いのプレゼント。
3人目の妖精がフォロー
「死ぬのではなく眠るだけで、真の恋人からのキスにより目覚める」

3人の妖精は責任取ってオーロラ姫を森の奥の家で匿い育てる。
オーロラは16歳の誕生日の日没後、城に戻ることになっていた。
3人の妖精はオーロラに内緒で誕生日パーティの準備をするため、
オーロラを外出させる。

この時王子様に遭遇。恋に落ち、夜に再会する約束を交わして別れる。

オーロラの居場所を突き止めたマレフィセントによって呪いが実現し、
オーロラは眠りに落ちてしまう。

王子様は妖精の家を訪ねる途中でマレフィセントに拉致られて、
魔の城の地下牢に監禁。
んで3人の妖精がそれを助ける。
マレフィセントは、行く手を阻むためにオーロラのいる城の周りにイバラを巡らせ、
自らもドラゴンの姿になって妨害に行くが王子様に殺られる
王子様がオーロラ姫にチュー→目覚める→ハッピーエンド

んもう、Maleficent、コッテコテの悪役、悪~い魔女。
もっと詳しく知りたい人はWiki

そういえば、
東京ディズニーランドの城といえば、「シンデレラ城」じゃないですか。
海外だと「眠れる森の美女の城」って国もいくつかあるんですよ。
なぜか。
日本人にとっては、シンデレラはガラスの靴で超有名ですね。
Disney関係なく絵本で読むんですよ。
逆に「眠れる森の美女」って、日本で人気ない。
子供の頃、↑のストーリー見た人ってどのくらいいるんだろう。。。自分は記憶にないな。

つーわけで、それを考慮したオリエンタルランド社は、シンデレラ城にしたのです。
っていう勉強を5年前にしたの覚えてた。

ストーリーがいい映画(アクションはぼちぼち)なんで、
できればネタバレ見ないで映画館で見て欲しい映画です。
3Dは別に無くてもいいかな。
マニラだと、+200円で3Dにアップグレードなんで、3Dにしとくかぁーってことで、3Dで見た。

飛行機オタの皆様は、機内でご覧下さい。これも7月には放映されんだろ。

オススメ順
Malificent > X-men(シリーズ見たことある人) >
          The amazing spiderman 2 > X-men(シリーズ見たことない人)

で、ネタバレ映画レビューに進みます。
あーでも本当はネタバレ読んでほしくない。。映画見て欲しい。

↓↓↓↓続く↓↓↓↓

スポンサードリンク


ネタバレ映画レビュー
今回飛行機出てこないから飛行機レビューは無し。

んもうね、途中(45分過ぎくらい)から最後まで泣きまくりでした。ハンカチ必須です。
マレフィセント、すっげー怖いんだけど、良い奴なんだわ~。

見どころ
・原作レイプ。ってほどじゃないんだけど、原作からストーリーひん曲げてる。
 結末までちげぇ。逆にそのギャップが楽しい。
・極悪魔女を、悲劇のヒロインに仕立て上げて、善悪逆転ストーリーになってる。
 (マレフィセント=良い奴、王様=悪いやつ)
・原作では超ヒロインの王子の超ダメダメっぷり、王様の悪役変貌っぷり、
  3人妖精の間抜けっぷり(ギャグ要員)。
・Maleficentに感情移入しまくり。泣ける。

マジでここから先、ネタバレになるので映画館で見る予定の人は見ないほうがいい。
ストーリーを楽しむ映画なので。。。
それでもいいって覚悟で読んで下さい。

要は、原作眠れる森の美女の美味しい部分がぜーんぶマレフィセントに来てる。
・呪いかけるのはマレフィセント
でも後悔してそれを解こうとするマレフィセント
幼いオーロラ姫を見守って育てるマレフィセント
復讐(殺し)はしないマレフィセント
眠れる森の美女を目覚めさせるのもマレフィセント

おかげで、
・子育てできない妖精

・復讐に燃える(殺せ~っていう)王様
・眠れる森の美女を目覚めさせられない王子様

こいつらのダメっぷりがすごい。

ここから、詳しく書きすぎた、ストーリー
しつこいようですが、できたら読まずに映画で見て欲しいなぁ。。。

(本家眠れる森の美女よりずーーーーーっと前の時代から始まる)
むかーしむかし、妖精の国がありました。
マレフィセントという、翼を持った妖精が…(この頃はカワイイ妖精少女。魔女じゃない。)

ステファンっていう男の子に出会う。
握手しようとするとビリビリっ、マレフィセントはステファンの指輪が苦手。
極度の金属アレルギー
のようです。
ステファン、指輪をポイ→握手。良い奴みたいです。
→その後、通い詰めるステファン→16歳のとき恋に落ちる。チューする。

でもしばらく音沙汰なし。戦争が始まってました。
国王、妖精の国にも戦争しかける→妖精最強、返り討ちにあう。(予告編の戦争のシーン)
マレフィセント直々に国王を痛めつける。

瀕死の国王
「あのクッソむかつく羽根の生えたクリーチャーやっつけたヤツ、時期国王にしたげる!」

ステファンが妖精の国に戻ってきた。
「警告しにきたんだ!マレフィセント。殺されちゃうよ!」
久々の再開にラブラブの二人。くっついて酒とか飲んじゃいます。酒、、、、
マレフィセント、寝ちゃいます。お酒にメチャクチャ弱かったのでしょうか。睡眠薬だったのか。
魔女に効いちゃうんだ、それ。

で、ステファン、裏切ります。
マレフィセントを殺そうとする、けど殺せない。

翌朝
うあああああああああああああああああああああああああああああああああああ
マレフィセント叫ぶ。アタシの自慢の翼がない。
ここで少し泣きました。恋してた男の子に裏切られた。
そのへんに落ちてた樹の枝を拾って、魔法の杖に変えます。(ぇ、枝だったんだ。。)

国王にマレフィセントの翼を差し出すステファン。
「取ってきたぜ」→ステファン国王になっちゃう。酷いやつです。

マレフィセント、翼がなくなったせいでフラフラです。
魔法の杖っていうか、杖もってフラフラ歩く。
怒りに燃えます。ブラックマレフィセント完成。

スポンサードリンク

ガーガー
人間がカラスを狩ってます。それを見ていたマレフィセント、
「カラスよ、人間になぁーれ」
マレフィセントの魔法でカラスが人(イケメン)に。ディアヴァルの登場です。
人間ビビって退散、「あんたの命救ってやった。あたしの翼になってちょうだい。」
アニメにも出てくる、ペットっつーか片腕のカラスね。
これ。
40567

ちなみに、マレフィセントもディアヴァルも、ここから先、歳とりません。魔女だからいいのか。

(こっから眠れる森の美女ワールドスタート)

カラスにちょいちょいお城の様子見をさせてたマレフィセント。
「ステファン、王様になったでゲス」
オーロラ姫誕生の噂を聞きつける。
「子供が生まれたでゲス。グランドセレモニーするみたいでゲス」
「グランドセレモニー?素敵な響きだねぇ。」

復讐に燃えるマレフィセント、お城へ。雰囲気、めちゃ怖です。

3匹トリオ妖精が国王の元に。姫のお誕生日祝いに魔法を。
王様「それは素晴らしい。」
2匹目が終わって3匹目が魔法をかけようとしたとき

デーン、マレフィセント登場。
マ「アタシにもお祝いさせて貰おうじゃないの」
王「きっ貴様の魔法などいらぬ!」

マ「美しくて素敵な女性に…」
王「それでいい」

マ「でも16の誕生日の日没までに糸車で指を挿して永遠の眠りに落ちる~」
王「そっそんな!!!!!」(勘弁してーな)
マ「True LoveのKissで目覚める

なんか禍々しい緑の光で魔法がちゅどーん。(予告Movieにあるシーン。)

ちょっと優しさが出ちゃうマレフィセント。
妖精3匹目の出番なし。役立たず。
このへんからアレ?俺の知ってる眠れる森の美女と違うの?が始まる

その後、妖精3匹がオーロラ姫を育てるんだけど、家事も子育てもダメダメ。
ベビーオーロラ泣きじゃくりまくり。
まさかの「心優しいカラス」がオシャブリをあげたり、カゴを揺らしてあやす。良い奴じゃん。
マレフィセントもオーロラ姫が気になって、影から見守りまくります。
崖から落ちそうになる姫を助けたりする。すげぇ良い奴じゃん。

姫だんだん成長。
ベビー姫 : マレフィセント(見た目チョー怖い)が来てもヘラヘラしてる
       マ「I hate you!」
幼女姫(4-5歳) : マレフィセントが「子供は嫌いだよ。あっちいけ」つってんのにくっついてくる。
           マレフィセント抱っこしちゃう。角とか掴んでる幼女。カワイイ。
このシーン、マジ母娘共演

その後、15歳のオーロラ姫。
めっちゃ可愛く育ってます。で、再び妖精の国でマレフィセントに遭遇。
15年経過してるけど、マレフィセント、カラスは全然年取ってません。

(予告にあるシーン)
隠れるマレフィセント
姫「怖いの?」
マ「違う、お前が怖がるから」
姫「大丈夫、出てきて」

大きくなった姫、マレフィセントを見て大胆告白
「アタシ、知ってたの。フェアリー・ゴッドマザーでしょ?
 あなたが私の幼いころから見守っていてくれたこと。
 カラスさん、あなたもよ。」
カラス、人間に戻って手にチューとかしちゃう。イケメン。
マレフィセント、ツンデレだから魔法で姫眠らせちゃう。素直になれなくて。

ところで、マレフィセントがフェアリー・ゴッドマザーて。。。。
これ、マレフィセント
maleficent

これ、フェアリー・ゴッドマザー (シンデレラのビビデバビデブーの人)
fgm

全然ちがうじゃーん!
まぁ、オーロラさんがそう思うならそれでいいんだけどね。。

もう完全に眠れる森の美女のストーリーから逸脱です。
あれーなんか違うなぁ、のレベルじゃない。

その後も姫とマレフィセントは親睦を深める。
姫「妖精さんはみんな羽根があるのに、あなたは?」
マ「奪われたんだよ。昔。
姫「そうなんだ。。」
悲しい顔をするマレフィセント

あぁ、昔愛した男の娘だし、この子には何の罪もないし、こんなにいい娘なのに…
アタシなんてことを。。。後悔するマレフィセント。
密かに魔法が消えるように試みる→昔かけた呪いが強すぎて解けない。
あぁ、どうしよう。ここも泣ける。

ここまでの間に、国王は娘にかけられた呪いを解くためにマレフィセントを殺そうとする。
でもマレフィセント強すぎて、全然勝てません。

この辺から国王頭オカシくなってく。ヨメ(王妃)はもう出てこない。

あ!国王ひらめきます。
「あいつ、金属アレルギーじゃん!」
金属で完全武装した部隊を妖精の国に送る、も最強マレフィセント、また勝ちます。
落ちてる金属を触ってみるマレフィセント。ビリビリっ、大人になっても
金属アレルギーは治ってないみたいです。

さぁ、16歳の誕生日当日。
マ「大事な話が、、、、」
True Loveがいるのか、探るマレフィセント。

森にいる姫、偶然森で迷ってた王子様に遭遇。
とってつけたような初恋に落ちそうな雰囲気、おぉおぉ、これはTrue Loveじゃねぇの?
カラス喜んでます。でもマレフィセント「どうかしら。」

そしてボケ担当の妖精3人組が口を滑らせて、昔の呪いのことを明かされる姫。
マレフィセントに会いに行く。
姫は聞く「私には魔女の呪いがかけられている。魔女の名前は…」
マ「マレフィセント。」
姫「なんで。。。」
姫、泣いて出て行く。
ここも泣ける。。

姫、城へ。
「おとうさん!」
もう王様イっちゃってるので、姫に再会したのに
「えーい、部屋に監禁しとけーい」
っていうか、誕生日の夕方だもんね。なぜ今来ちゃったんだ。

それに対してマレフィセント、森でさっき出てきた王子様を発見。
まだ迷ってたんかい。。。ダメ王子。。
ダメ王子を連れてお城へ急ぐ。呪いを回避するのよ!!

うまいこと呪いが発動してオーロラさん糸車の針に刺さって眠りにつく。
王様、激おこプンプン丸。完全に悪役側になりました。

3匹の妖精が王子を姫のもとに連れてく。
すっごい溜めて、王子チューする
……
姫が目覚めない。

ガーン
妖精「てめぇ、目ぇ覚めねぇじゃねーか!使えねぇんだよ。出てけ。
ギャグだけでなく、ツッコミも一流でした。妖精さん。

カラス「マジかよ。。オーロラ姫目覚めないよ」
マレフィセント「はぁ、、、やっぱりあの王子はTrue Loveじゃなかったのね。。。残念だわ。
         私は本当に…うぅ。ごめんなさい。」あぁ、また泣けるシーン

姫にキスするマレフィセント→姫、目覚める。

でもこの辺、号泣してた。
一瞬、イケメンのカラスがTure Loveかと思ってたけど、さすがに違ったわ。

手下 「王様、マレフィセントが城に忍び込んだ模様です。」
姫復活を知らない王様、姫の永眠で完全に怒り狂ってます。

んで、最終決戦へ。
対マレフィセント用の完全なる武器(っていうか金属)で完全に準備されていたお城。
再び3Dのアクションシーンです。ただ、王様最終形態(っていうか金属)強すぎ。
マレフィセントやられちゃいます。
カラスはドラゴンになって戦う。でもいまいち弱い。ドラゴンが弱いって。。
王様優勢。

姫、何か発見する。暴れる翼。
あ!これ、マレフィセントの翼!!

マレフィセント、絶体絶命~!のところに翼登場→合体!
空飛ぶマレフィセント、優勢に。で、王様の首締めるとこまで行くんだけど、
お人好しマレフィセント、許してあげちゃう。

でも、最後の最後まで王様はマレフィセントを殺そうとします。諦めの悪さ、完全な悪役。
最終的には事故っぽい感じで落下→王様死ぬ。

姫はマレフィセントのいる妖精の国に移って「妖精の国の姫」になるのでした。
なぜか役立たず王子も妖精の国にいた。

ハッピーエンド。おわり。

欠点
言うとすれば、無駄なマレフィセントの飛行シーン。
アバターみたいな、、3D意識してます!みたいなやつ。いらない。

王子キスのシーンあたりから、眠れる森の美女じゃない。
これを原作レイプと評価するか、アナザーストーリーとして評価するか。
マレフィセントがイイヤツになりすぎて、王子霞んでるんだよなぁ。。
王様事故死したり、王子役立たずだったりで、エンディングが若干強引。

あと、眠れる森の美女知らないでこの映画みたら、絶対わけわからんファンタジーだよね。
予習必須です。ここまでネタバレ読んだらもうアレですか。そうですか。だから読むなって。。。

-No Chaos Life, ■映画
-

« »

Copyright© CX902 マニラに住んでキャセイに乗る!時々映画レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.