PR / フィリピン航空 PAL Philippines Airlines MNL NAIA2 / Manila Terminal 2

【飛行機ヲタ中級の自由研究】遅れるフィリピン航空国内線と、DELAYの原因自由を考える 2015 Jan 27 PR1862 CEB-MNL A321 Y

更新日:

もうね、いいや。フィリピン国内線ネタ。惰性ネタです。みなさんの予想通りの展開です。
もう飽きたでしょ。
IMG_0419
後半でPALとマニラ空港のDelayを研究しましょう。
※2017年リライトしました(゚∀゚)

スポンサードリンク

フィリピン航空 PR1862 CEB-MNL

チェックイン

おれ
一個前のっけてー

地上スタッフ
満席。

おれ
ざんねん。

搭乗券

IMG_0439

いっこ前、PR1860 CEB-MNL

IMG_0433
ド・マン。

後続のPR1862。

IMG_0434

おれ
ガラガラ。(・д・)チッ

ゲート前の出発ボード

さぁ、お馴染みのセブ名物ですよ。
IMG_0435
ALL Delay!

  1. Davao 1:10 Delay (セブパシファック)
  2. Manila 3:15 Delay (セブパシファック)
  3. Manila 0:25 Delay (PAL)
  4. Manila ---- Delay (セブパシファック)
  5. Manila ---- Cancel (セブパシファック)

おれ
1:30のフライトで3時間Delay1、さらにManila線一本キャンセル。セブパシファックやべぇ。

PALの25分Delayなんて可愛くなってきました。

搭乗

ビジネスクラス

IMG_0438

おれ
はいはい、いつものA321-200 (A320よりマシ)

エコノミークラス

IMG_0440

機内食

クラッカー
IMG_0441

おれ
もうこれ飽きた。

フライト記事終了!!!

フィリピン航空国内線、頻発するDELAYの原因自由を考える

今回の到着

さぁーて、今日は
IMG_0443

おれ
出発:31分Delay、か・ら・の、到着54分Delay。

なんでこんな拡大すんだ。。。。こうやってDelayを積み重ねて、夜になるにつれて遅延しまくっていくのです。

この日のCEB-MNL線の状況

では、この日のCEB-MNL線、他の便も含めてフライト状況でも見てみましょう。

朝から昼過ぎまで

Arr1

昼過ぎから夜


Arr2

※PAL Expressって子会社にやらせてた路線をPAL(親会社)運行に切り替えたせいで、便名変更があったらしく、表示がおかしくなってる。

スポンサードリンク

  1. 06:00 オンタイム
  2. 10:00 30分Delay
  3. 12:00 75分Delay
  4. 17:00 80分Delay
  5. 21:30 130分Delay
おれ
。。。。。。( ゚д゚)ポカーン わっかりやす。

Delayの原因

機長はね、「エアポートコントロール」つってた。

マニラ・ターミナル2について

このターミナル2の説明は前にしてましたねー

ターミナルの場所

2014-11-12-01-29-40
こんな感じのPAL、フィリピン航空専用ターミナルで、国内・国際線が両方入ってくる。

ターミナルの構造

中はこんな感じになってる。
2015-01-27-10-54-09
真ん中から左が国内線、右は国際線。
JB: Jollibee (キモマズイ)
煙: 喫煙所
ゲートの数間違ってるね。まぁテキトーです。

ターミナル2の欠陥 大問題

で、で!何が問題かっていいますとね。

1) 国内国際で需要が変動する

うまいこと、やってるつもりなんでしょうけど、絶対的にゲートが足りないんですよ。
で、そーすっと、国内線のゲート3-4あたりに壁があって、これを閉じる。
IMG_0419
なんということでしょう~国際線出発ロビーが広くなるのです~これはデイリーでやってる運用っぽい。βακα..._φ(゚∀゚ )アヒャ

2) 機材が国内・国際でぐるぐるする

まぁ、これはいいんだけど、器用に運用しないと、いろいろ問題の種になってるわけです。

結果、ターミナル構造とゲート運用のコラボでえぐいことになる。

ターミナルの構造を考える

もう一度この絵を。
2015-01-27-10-54-09
青が出発前の待合室。
ピンクがゲートに向かう通路。ぜんぶつながってます。
ゲート5-6の間の矢印が、ピンク通路から下の到着ロビーに繋がるエスカレーター

出発も到着も、ゲートが単層構造

ゲートが単層構造なんですね。
香港だの羽田国際って、2階層になってて、
 上の階:出発ロビー
 下の階:到着ロビー
って導線になるじゃないですか。

このMNL T2はそれがないんです。(T1もCebuもないけど)

例えば、、、国内線がゲート1に到着した場合

例えばゲート1に飛行機が着きます。これがドメ線だった場合、ゲート5-6の間にある階段から下に降りて、到着ロビーへ。
この間、ピンクの部分は到着客が使うので、出発客が入れなくなります。

到着と出発が重なる場合

たとえばドメゲート4からの出発と、ドメゲート1に到着便が来た場合、ピンクのエリアを取り合うことになります。どっちかが待たされるわけだ。この積み重ねが遅延に繋がってる模樣。

悪循環にさらに悪影響を与える国内国際グルグル運用

さらに、2) 機材が国内・国際でぐるぐるする って書いたように国内線のゲートに国際線機材が到着しちゃうんです。逆もある。

最悪パターン

最悪パターンは、国内ゲート7に、国際線からの便が到着した場合。ピンク通路は国内ゲート7から、国際線到着ロビーに降りるエスカレーターまで専有されます。ってことで、国内・国際線の出発客が全て通れなくなる。

素敵なターミナル2

おれ
どうですか。このバカオペレーション。どうしてこうなっちゃったんですか。ODAなのに。

IMG_0332
おれ
ヽ(`Д´)ノモウコネエヨ!! (゚д゚)バーカ

-PR / フィリピン航空 PAL Philippines Airlines, MNL NAIA2 / Manila Terminal 2
-, , ,

« »

Copyright© CX902 マニラに住んでキャセイに乗る!時々映画レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.